WiMAXのプロバイダ一覧です

WiMAXを取り扱うプロバイダは現在10社以上存在します。
それぞれに独自性を打ち出して、様々なサービス、キャンペーンを展開しています。

WiMAXのプロバイダ記事一覧

UQ WiMAXはWiMAX回線の本家本元のUQコミュニケーションズが運営しているプロバイダです。本家だけあって、WiMAX開始当初からサービスを行っています。

ビッグローブは、PC9800シリーズなど初期のパソコンで一世を風靡したNEC子会社のプロバイダでした。パソコンとセットで契約をする方が多かったようです。2006年にNECから独立して別会社になりましたが、依然として会員数の多い大手プロバイダです。

ニフティは元々富士通の関連会社で、ニフティサーブというパソコン通信サービスを行っていました。一時期は日本で最大の会員数を誇るまでになりました。インターネットの時代になって、やや会員数は減少しましたが、それでも歴史ある大手プロバイダには変わりはありません。

名前で想像がつくと思いますが、ソネットはソニー子会社のプロバイダです。かつて電子メールソフトの「ポストペット」を発売して大人気になりました。メインキャラクターのピンク色の犬?の「モモ」は今でもソネットのイメージキャラクターとして使用されています。ソネットは、世界的企業のソニーの傘下にある大手プロバイダです。

DTIはドリーム・トレイン・インターネットの略で、1996年から始まる歴史ある老舗のプロバイダです。現在はフリービットというIT系企業の子会社となっています。

GMOとくとくBBは、GMO(グローバルメディアオンライン)が運営するプロバイダです。GMOはドメインサービスの「お名前.com」やレンタルサーバーなど、インターネット関連の事業を行っている総合IT事業です。「とくとくBB」は2009年からサービスを開始して、比較的新しいプロバイダです。

GMOペパボはとくとくBBと同じGMOグループのプロバイダです。ペパボは元々「ペーパーボーイ&コー」というレンタルサーバーの会社です。格安レンタルサーバーの「ロリポップ」をご存知の方も多いと思います。数年前にGMO傘下となってGMOペパボに改名しました。そしてWiMAXのサービスの取り扱いを開始しました。

ブロードWiMAXは名前にWiMAXが付くように、WiMAX専門のプロバイダです。運営元は株式会社リンクライフというIT企業です。サービス名にWiMAXが付き、ホームページも本家UQとよく似た配色なので、本家と勘違いしている人もいるようですが、MVNOのひとつです。

ラクーポンWiMAXは、楽天モバイルが運営するプロバイダです。ラクーポンは「楽天」+「クーポン」が合体したサービスです。WiMAXの契約が「クーポン」という形で数量限定・期間限定で発売されます。そのクーポンを購入するとラクーポンWiMAXを契約する権利が得られます。こう書くと難しいように感じますが、流れとしては普通の契約と大して変わりません。

WiMAXのプロバイダにはプロバイダの一覧にあるような大手や老舗プロバイダ以外にも、家電量販店などが展開しているプロバイダがあります。これらのプロバイダはどちらかと言うと他のサービスがメインで、WiMAXはサブのサービスのような位置づけで行われているところがほとんどです。料金的にもほぼ定価のところがほとんどで、特別な理由がない限り選ぶ理由はないと思います。プロバイダに一覧は下記の通りです。BIC ...